正しい施工をするには

床掃除

床に保護膜を後から付けることがフロアコーティングと呼ばれるものです。フロアコーティングはすでに存在する床に対して主に透明な塗料を使って保護膜を作るというもので、保護膜を作ることによって床を傷つけにくくし、また汚れにくくできるメリットがあります。綺麗な床を長期間維持したいといった場合には行われますが、失敗するといったこともあり、正しい施工をしてもらえる業者を選ぶ必要があります。失敗する原因としては異物混入や密着不良、硬化不良、塗りむらといった塗るさいの不良が挙げられます。また線傷や打痕、リング傷などの床そのものの問題を放置して塗ってしまった場合もあるでしょう。さらに施工時に油分を床から剥離するための剥離剤を使ったさいのアルカリ焼けといったものが考えられます。フロアコーティングの失敗は、基本的には施工者の未熟によって起こり、丁寧に仕事をする業者であれば原因を取り除いてから施工するため失敗率が低くなります。ただ現実としてフロアコーティングをするには、塗装前の下準備が重要になってきます。このため短期間で施工を行うような場合には時間的な余裕がないので失敗する可能性が高くなります。また床も古いものほど傷みが出ているため失敗する可能性が高くなります。いずれにしてもフロアコーティングでは失敗するリスクがゼロではないため、品質保証制度のある業者を選ぶことがポイントです。保証制度のあるものであれば保証期間内であれば部分的な補修を無償でしてくれます。